• ホーム
  • ニュース
  • 「基礎演習」で岐阜県国際交流センターの方をゲスト講師にお招きしました(2)

ニュース

「基礎演習」で岐阜県国際交流センターの方をゲスト講師にお招きしました(2)

UP DATE 2019.01.21
PUBLICATION DATE 2019.01.21

1月16日(水)、前週に引き続き、岐阜県国際交流センター所属の国際交流員の方をお招きし、「国際交流」をテーマとしたシリーズ授業の第2回が行われ、約20名の学生が参加しました。
前回の様子は こちら

第2回目は中国出身の鄧俊玲(トウシュンレイ)氏をお迎えし、日本と中国のつながりや中国の歴史、文化、生活だけでなく、岐阜県と中国との関わりや、岐阜という県名が中国に由来するものであるということなど、これまで知らなかった中国について知る機会となりました。
本学には中国人留学生も在籍しており、今回の講義では中国人留学生と日本人学生がペアとなるよう席を配置した上で、クイズも交えて学ぶなど、交流に配慮した授業でした。
聴講した学生からは「今回始めて中国人留学生の方々と交流を持つことができました。中国人の方々は、元気があって、とても親しみやすいと思いました」といった感想や、「留学生から、日本食は甘く感じると聞いて驚きました」、「中国の人と話しながら、大学生活や歴史など様々なことを教えてもらいました。直接、中国の人と話すことで得られるものもあると思います。このような交流は今後も大事にしていきたいと思います」等といった感想が聞かれました。
お忙しい中ご講義いただき、ありがとうございました。

この講義は3回のシリーズで行います。
最終回 1月23日(水)には、イギリス出身のキャサリン・オーア氏をお招きする予定です。