• ホーム
  • ニュース
  • 「基礎演習」で岐阜県国際交流センターの方をゲスト講師にお招きしました(1)

ニュース

「基礎演習」で岐阜県国際交流センターの方をゲスト講師にお招きしました(1)

UP DATE 2019.01.11
PUBLICATION DATE 2019.01.11

1月9日(水)、1年次生が履修する「基礎演習」の授業において、岐阜県国際交流センター所属の国際交流員の方をお招きし、「国際交流」をテーマとしたシリーズ授業の第1回が行われました。
岐阜県国際交流センターに所属する国際交流員(CIR:Coodinator for International  Relations)は、JETプログラム(語学指導等を行う外国青年招致事業:The Japan Exchange and Teaching Programme)によって招致されており、地方自治体や全国の学校で、国際交流の業務と外国語教育に携わることにより、地域レベルでの草の根の国際化を推進することを目的として活動されています。
第1回目はブラジル出身の岩本千恵美シルビア氏をお迎えし、ブラジルの食や文化、言語やスポーツから教育制度や労働事情の違いまで、幅広く、また写真等で分かり易くご紹介いただきました。
聴講した学生からは「今回のお話を聞いて、ブラジルのことを以前よりも学べたと思います。アマゾン、リオ・デジャネイロ、サンパウロ等の地域は知っていることが多かったのですが、中西部や南東部の地域には知らないことが多く、また、景色も美しかったのでブラジルは日本よりも自然豊かだと思いました。」といった感想や、「仕事に関しては、日本と真逆だと思いました。ブラジルには残業がないと聞き、やはり日本は働きすぎなのだと改めて思いました。」といった、日本との違いを改めて感じる感想も多く聞かれました。
お忙しい中、ご講義いただきありがとうございました。

この講義は3回のシリーズで行います。
次回1月16日(水)には、中国出身の鄧俊玲(トウシュンレイ)氏をお招きする予定です。