重要なお知らせ

岐阜協立大学の新しい「学章」、「ロゴ」のデザインが決定しました。

UP DATE 2018.12.14
PUBLICATION DATE 2018.12.14

2019年4月からの大学名称変更にあわせ、岐阜協立大学の新たな「学章」および「ロゴ」のデザインが決定しました。
 

学章

「イチイの葉」は、岐阜県の県木「イチイ」の葉を図案化したもので、たゆまない躍進を象徴するものです。岐阜経済大学の学章もイチイをモチーフにしていました。
 

ロゴマーク

岐阜協立大学の「協」の文字を図案化しており、星にむかって3つの力が進んでいくイメージを表しています。3つの力というのは、この大学名称に込めた思いであります「教育研究の力」「人間力」「地域の力」であり、また看護学部を含む3つの学部であり、「学生、教員、職員」であり、地域においては「自治体、経済界、大学」をあらわします。
ロゴマークのこの若草色は、新しく芽吹いた大学をイメージしています。
学章
  • 学章
ロゴ
  • ロゴ
合わせて、岐阜協立大学のスローガンも決定しました。


スローガン

「ともに立ち、向かう」
自分ひとりではできなかったことも、大学の教職員や仲間、地域・行政などの協力のもとでともに歩み続ける姿勢を伝えます。
たとえ、その道がどんな困難であっても、立ち向かうことで得られる可能性を信じる 、本学の姿勢と覚悟を示しています。 "ともに立ち、"の“とも"には「学生と教職員」と言う意味だけでなく「大学と地域」「学生と地域」や、さらには、教職員や学生同士(同志)という幅広い意味を持たせています。まず目指すべきところへ向かって"ともに立ち、"そして、何度でも立ち続け最終ゴールまで“ともに向かう"姿勢”を大学の名称と掛け合わせることで表現しています。教職員でワークショップを行い、岐阜協立大学への思いを込めました。
 
大学名称「岐阜協立大学」へ込めた思いは、こちら