教育・研究

岐阜経済大学論集 第11巻~第20巻

第11巻

第1・2号(1977年(昭和52年)6月)【開学十周年記念(社会科学篇)】

■序-学問の山には頂上はない-:飯田繁

論文 飯田 繁 商品・貨幣・資本-マルクスの概念規程-(1)
花井 益一 労働力の価値法則の展開
柿本 国弘 国家統制と調整、助成-国家独占資本主義論の基本論点-
池永 輝之 所得分配と消費関数の安定性について
加久間 岩夫 動態的経営管理
山田 勲 アメリカにおけるインフレーション会計論の最近の動向
藪内 武司 国勢調査前史(Ⅰ)-明治人口統計史の一齣-
小澤 治郎 ペンシルヴァニア鉄道の歴史(1)
丹羽 弘 西南濃地域における農用地の高度利用
浅井 幸男 社会主義憲法と憲法的統制
那須 宏 第1次西園寺内閣-桂園時代政治史(1)-
研究ノート 米田 清治 いわゆる「財政革命」の時期におけるイギリス国内資本市場の性格をめぐって
翻訳 田村 耀郎 「フランスの比較法研究」
その他 岐阜経済大学論集 総目次(第1巻~第10巻)

第3号(1977年(昭和52年)9月)【開学十周年記念(人文・自然科学篇)】

■序-真理を求めて-:飯田 繁

論文 勝野 尚行 教育労働法学-学説・判例の研究(1)-
酒井 博世 学力論と心理学-学力論論争における発達論的諸問題-
島崎 淳彦 文法的格について
Atsuo Nakagawa On the Form of English Haiku
金子 守 バルザック評伝第一部 若き日のバルザック
ジョン・ミルトン作
鷲見中嶺訳
リシダス
Atsuo Nakagawa An Experimental Poem: The Age of Terrorism
紹介 小野 勝敏 国際柔道連盟の諸法令(1)-逐条詳解にみる現状と検討-

第4号(1977年(昭和52年)12月)

論文 建林 正喜 総供給関数の線形仮定について
内田 忠男 オット・バウア研究-ファシズムと民主主義-
加久間 岩夫 クーンツの経営管理学派の新分類
Atsuo Nakagawa A COMPARATIVE STUDY OF ENGLISH AND JAPANESE LANGUAGES-With an Eye to Teaching English to Japanese Students-
Atsuhiko Shimasaki Henry James:Washington Square
勝野 尚行 教育労働法学-学説・判例の研究(2)-
研究ノート 鷲見 等曜 「婿取婚」について

第12巻

第1・2号(1978年(昭和53年)6月)

論文 勝野 尚行 教育労働法学-学説・判例の研究(3)-
島崎 淳彦 Accusative CaseとNominative Caseについて
研究ノート 小澤 治郎 バインダーとウォレンの研究をめぐって-ペンシルヴァニア州鉄鋼業、石炭産業とペンシルヴァニア鉄道-
Atsuo Nakagawa A Brief Analysis of Contemporary English Haiku
書評 Atsuo Nakagawa James David Andrews, Full Moon Is Rising

第3号(1978年(昭和53年)9月)

論文 谷江 幸雄 ドイツ民主共和国(DDR)における農業の高度化と農産物価格政策-70年代前半-
野村 重明 アメリカの消費者信用(1)
勝野 尚行 教育労働法学-学説・判例の研究(4)-
研究ノート 武井 勇四郎 ロマン・インガルデン(1893,2,5-1970,6,14)哲学について(Ⅰ)

第4号(1978年(昭和53年)12月)

論文 飯田 繁 商品から貨幣へ-易しいダイジャスト集(1)-
内田 忠男 オーストリア:1934年2月12日-ベルナシェックと共和国防衛同盟(1)-
榊原 英城 『星と月は天の穴』(1)-吉行淳之介研究(Ⅰ)-
堀畑 正樹 『背徳者』-ジッドをどう読むか-
Atsuo Nakagawa James Kirkup's Introduction to Haiku Poetry
研究ノート 谷江 幸雄 ソ連邦における所得税

第13巻

第1・2号(1979年(昭和54年)6月) 【名和統一教授 追悼論文集】

■追憶のことば
■故 名和統一教授 略歴・研究業績:飯田繁

論文 飯田 繁 貨幣から資本へ-易しいダイジェスト集(2)-
谷江 幸雄 社会主義と租税-東ドイツの例にみる-
勝野 尚行 教育労働法学-学説・判例の研究(3)の2-
安部 大成 黒人の文学的イメージの解放-「大農園文学の伝統」に対する黒人作家の戦い-
Atsuo Nakagawa ON ENGLISH TANKA
研究ノート 西沢 孝 ロマン・インガルデンの『文芸作品論』について(Ⅰ)
武井 勇四郎 ロマン・インガルデン(1893,2,5-1970,6,14)哲学について(Ⅱ)

第3号(1979年(昭和54年)9月)

論文 飯田 繁 商品・貨幣・資本-マルクスの概念規定(2)-
堀畑 正樹 アンドレ・ジッドの文学観-『パリュード』の分析-
金子 守 バルザック評伝 第一部 若き日のバルザック(2)
書評 原 薫 飯田繁編著『インフレと金融の経済学』-現代の緊急課題を理論的・実証的に解明する-
御薗 喜博 大谷省三編著『日本に食糧問題はないか』
栗原 藤七郎 大迫輝通著『繭地盤-繭取引と流通の構造』

第4号(1979年(昭和54年)12月)【那須宏教授 追悼論文集】

■追悼の文
■故 那須宏教授 略歴・研究業績:飯田 繁
■[遺稿]日本帝国主義の形成(草稿):那須 宏

論文 黒田 展之 絶対主義天皇制における「移行」の論理-那須宏の学問的業績-
綱澤 満昭 御霊信仰と天皇制
田村 耀郎 双務契約の不履行解除による原状回復義務と保証人の責任-大阪地裁昭和52年3月24日判決に関連して-
飯田 繁 商品・貨幣・資本-マルクスの概念規定(3)-
Kenji Yamada THE MANAGEMENT OF THE TUNA SPECIES:THE CASE OF THE EASTERN TROPICAL PACIFIC
但馬 末雄 価値の商業価格への転化における困難(1)-ローゼンベルグ的先入見に対する批判-
丹羽 宏 明治期における農民的商品経済の動向-美濃縞地帯における-
研究ノート 西沢 孝 ロマン・インガルデンの『文芸作品論』について(Ⅱ)
武井 勇四郎 ロマン・インガルデン(1893,2,5-1970,6,14)哲学について(Ⅲa)

第14巻

第1号(1980年(昭和55年)3月)

論文 飯田 繁 商品・貨幣・資本-マルクスの概念規定(4)-
木下 滋 規模別産業連関表の評価と利用
Atsuo Nakagawa ON ENGLISH TANKA(Sequel 2)-Why Are the Okinawa Tanka and the Kinsei Kouta Quatrains?
研究ノート 武井 勇四郎 ロマン・インガルデン(1893,2,5-1970,6,14)哲学について(Ⅲa)

第2号(1980年(昭和55年)6月)

論文 飯田 繁 流通必要金量の決定諸要因(貨幣流通の諸法則)-商品・貨幣・資本(5)-
但馬 末雄 価値の商業価格への転化における困難(2)-ローゼンベルグ的先入見に対する批判-
野村 重明 アメリカの消費者信用(2)
堀畑 正樹 『狭き門』における語りの分析
金子 守 バルザック評伝 第一部 若き日のバルザック(3)
研究ノート 鷲見 等曜 日本古代の婚姻について
榊原 英城 フロベールの方法(1)-「構想」と「プラン」-

第3号(1980年(昭和55年)9月)

論文 飯田 繁 流通必要金量とインフレーション(紙幣流通の独自の1法則)-商品・貨幣・資本(6)-(その1)
木下 滋 地域における公共投資の波及効果-地域産業連関表による-
但馬 末雄 価値の商業価格への転化における困難(3)-ローゼンベルグ的先入見に対する批判-
大迫 輝通 製糸都市の再生(2)-那坂市の場合-
浅井 幸男 ハンガリー社会主義憲法史序説(下のイ)-1949年憲法制定の政治的背景-
金子 守 バルザック評伝 第一部 若き日のバルザック(4)

第4号(1980年(昭和55年)12月)【加久間岩夫教授 退任記念論文集】

■加久間岩夫教授の退職を惜しむ:飯田 繁
■加久間岩夫先生の思い出
■加久間岩夫教授 略歴・研究業績:花井 益一

論文 花井 益一 独占資本論序説-方法論的考察-
飯田 繁 流通必要金量とインフレーション(紙幣流通の独自の1法則)-商品・貨幣・資本(6)-(その2)
但馬 末雄 商業資本の回転数について
内田 忠男 オーストリア:1934年2月12日-R.ベルナシェクと共和国防衛同盟(2)-
榊原 英城 『星と月は天の穴』(2)-吉行淳之介研究(I)-
研究ノート 山田 健治 海洋資源の経済学(その2)-所有権の経済学と北海油田を中心に-

第15巻

第1号(1981年(昭和56年)3月)

論文 飯田 繁 貨幣と資本-商品・貨幣・資本(7)-(その1)
武井 勇四郎 インガルデンにおける文芸作品の構造とその具象化
原 亮 ホフマンスタールの小説断片『アンドレアス』中の人物たち-とくにサクラモゾーについての考察-
研究ノート 谷江 幸雄 F.テーケイ「アジア的生産様式論」覚え書(1)
小澤 治郎 南北戦争前のアメリカ南部鉄道業
翻訳 中道 寿一 マルティン・イエーニック:レヴィアタンに関する「深淵の学」-第三帝国におけるカール・シュミットのホッブズ解釈について-
調査報告 小野 義彦 メキシコ再訪記-The Awakening Giant-

第2号(1981年(昭和56年)6月)

論文 飯田 繁 貨幣と資本-商品・貨幣・資本(7)-(その2)
野村 重明 アメリカの消費者信用(3)
水野 清 新制高等学校の制度理念と多様化政策
石川 勝久 『白孔雀』に描かれたジョージの堕落と、そのロレンスにおける意味について
研究ノート 山田 健治 海洋資源の経済学(その3)-レントと国有地のリース政策についてのS.L.マグドナルドの研究を中心に-
中道 寿一 C.シュミットの「精神的基盤」に関する一試論
榊原 英城 フロベールの方法(2)-初稿『感情教育』から『ボヴァリ夫人』まで-

第3号(1981年(昭和56年)9月)

論文 飯田 繁 貨幣の理論的序章(3)-マルクス貨幣理論の方法-
丹羽 弘 地主経営の構造(1887-1907)-美濃縞地帯の個別的事例の分析-
大迫 輝通 熱帯蚕糸業の研究(1)-台湾の蚕糸業と蚕糸業地域-
勝野 尚行 教育の住民自治(I)-恵那「教育会議」研究のために-
田中 末男 ハイデッガーと解釈学
研究ノート 内田 忠男 オーストロ・マルクス主義-その略史と文献-
山田 健治 海洋資源の経済学(その6)-ノルウェーの免許政策-
翻訳 中道 寿一 フランツ・ノイマン「ドイツ民主主義の没落」
書評 松井 安信 飯田繁著『商品と貨幣と資本』-原典に立ちかえり現代を見透す書-

第4号(1981年(昭和56年)12月)

論文 飯田 繁 商業信用と信用貨幣-貨幣の理論的序章(4)-
Kenji Yamada The Fishery Model of Internationally Exploited Species
勝野 尚行 教科書問題-その1-
鈴木 忠士 カミュ『異邦人』における「無関心」
研究ノート 但馬 末雄 生産的労働と不生産的労働(1)
鷲見 等曜 平安貴族の婚姻居住
Atsuo Nakagawa On New Trends in the American Haiku
翻訳 中道 寿一 フランツ・ノイマン:その評価
書評 Atsuo Nakagawa On the Publication of dengonban messages from James Kirkup in Kyoto

第16巻

第1号(1982年(昭和57年)3月)

論文 花井 益一 スタグフレーションをめぐって
飯田 繁 世界貨幣と金-貨幣の理論的序章(5)-
柿本 国弘 岐阜県経済と地域開発計画
勝野 尚行 教科書問題-その2-
鈴木 忠士 カミュ『異邦人』における「無関心」
Seiji Yoshimochi Uber die fruhe Asthetik der Frankfurter Schule
研究ノート 小澤 治郎 19世紀アメリカの鉄道敷設労働者
翻訳 谷江 幸雄 H.ノイマン/H.-J.ファルケンハーゲン:ソ連・東欧諸国における経済計算制の改善措置(1)

第2号(1982年(昭和57年)6月)

論文 飯田 繁 インフレーションの貨幣性-貨幣の理論的序章(6)-(その1)
武井 勇四郎 時間作品、時間価値、時間享受(Ⅰ)
勝野 尚行 教科書問題-その3-
加藤 直良 中世英語に於けるフランス語の影響-Sir Gawain and the Green Knightの場合-
鈴木 忠士 カミュ『異邦人』における「無関心」
翻訳 谷江 幸雄 H.ノイマン/H.-J.ファルケンハーゲン:ソ連・東欧諸国における経済計算制の改善措置(2)

第3号(1982年(昭和57年)9月)【牧倫教授 記念論文集】

■牧倫先生をお送りする言葉
■牧倫教授 略歴・研究業績:建林正喜

論文 飯田 繁 インフレーションの貨幣性-貨幣の理論的序章(6)-(その2)
小澤 治郎 19世紀アメリカの鉄道と黒人
大迫 輝通 わが国蚕糸業の推移と動向(前)-第二次世界大戦以後における-
武井 勇四郎 時間作品、時間価値、時間享受(Ⅱ)
鈴木 忠士 カミュ『異邦人』における「無関心」
研究ノート 池永 輝之 近代経済学批判における最近の動向についての覚え書
浅井 幸男 社会主義憲法(体制)と社会的所有
書評 柿本 国弘 戸木田嘉久著『現代資本主義と労働者階級』
酒井 一夫 飯田繁著『マルクス貨幣理論の研究』

第4号(1982年(昭和57年)12月)【鷲見中嶺教授 退任記念論文集】

■鷲見中嶺先生をお送りする言葉
■鷲見中嶺教授 略歴・研究業績:建林正喜

論文 飯田 繁 インフレーションの貨幣性-貨幣の理論的序章(6)-(その3)
小澤 治郎 19世紀末アメリカ資本によるメキシコの鉄道建設
大迫 輝通 わが国蚕糸業の推移と動向(後)-第二次世界大戦以後における-
佐野 健治 動機論序説(1)〔初回〕
武井 勇四郎 インカルデン美学における文芸作品の「命脈」と人生の生(Ⅰ)
安部 大成 差別の砦を落す-チャールズW.チャスナットの『ヒマラヤ杉の蔭の家』-
勝野 尚行 教科書問題-Ⅱの1-
鈴木 忠士 カミュ『異邦人』における「無関心」
研究ノート 山田 健治 北海油田開発資金の調達とユーロ通貨市場
書評 後藤 靖 丹羽弘著『地主制の形成と構造』

第17巻

第1号(1983年(昭和58年)3月)

論文 飯田 繁 インフレーションの貨幣性-貨幣の理論的序章(6)-(その4)
武井 勇四郎 インガルデン美学における文芸作品の「命脈」と人間の生(Ⅱ)
勝野 尚行 教科書問題-Ⅱの2-
安部 大 差別の砦を落す-チャールズW.チェスナットの『伝統の精髄』-
研究ノート Atsuo Nakagawa On William Oandasan's Poems-A Comparative Study-
書評 中道 寿一 H.ヘラー他著、宮本盛太郎他訳『ヴァイマル民主主義の崩壊』
Atsuo Nakagawa Haiku Review '82 Ed. Randy & Shirley Brooks
近藤 正春 勝野尚行著『教育基本法制と教科書問題』

第2号(1983年(昭和58年)6月)

論文 池永 輝之 経済学と数学利用-関恒義教授の所説の検討-
飯田 繁 不換銀行券と物価との経済関係-不換銀行券論争を顧みて(1)-
柿本 国弘 中部圏開発構想と岐阜県第四次総-テクノポリス構想を中心に-
野村 重明 アメリカの消費者信用(4)
小野 勝敏 明治中期の柔術論-作品「柔術」をめぐって-
勝野 尚行 教科書問題-Ⅱの3-
佐野 健治 動機論序説(1)〔第二回〕
武井 勇四郎 時間作品、時間価値、時間享受(Ⅲ)
鈴木 忠士 カミュ『異邦人』における「無関心」
書評 小林 威雄 飯田繁著『貨幣・物価の経済理論』

第3号(1983年(昭和58年)9月)

論文 飯田 繁 不換銀行券と物価との経済関係-不換銀行券論争を顧みて(2)-
小澤 治郎 19世紀アメリカの鉄道と都市-鉄道経営者、ブースターたち、技師をめぐって-
内田 忠男 リンツ綱領の一年-頂点からの下降(Ⅰ)-
武井 勇四郎 時間作品、時間価値、時間享受(Ⅳ)
佐野 健治 動機論序説(1)〔第三回〕
鈴木 忠士 カミュ『異邦人』における「無関心」
勝野 尚行 教科書問題-Ⅱの4-
研究ノート 山田 健治 東シナ海石油開発の問題点
書評 谷江 幸雄 中村泰三著『現代のソビエト世界』

第4号(1983年(昭和58年)12月)

論文 建林 正喜 失業、過剰人口および経済成長
山田 勲 アメリカにおける経営者(層)の業績評価の会計的意義
榊 達雄 教育課程編成と父母・住民の教育-学校教育への父母・住民参加(1)-
勝野 尚行 教科書問題-Ⅱの5-
佐野 健治 動機論序説(1)〔第四回〕
鈴木 忠士 カミュ『異邦人』における「無関心」
書評 藤塚 知義 飯田繁著『不換銀行券・物価の論争問題』

第18巻

第1号(1984年(昭和59年)3月)

論文 小澤 治郎 アメリカの鉄道土地付与政策について
藪内 武司 国勢調査前史(Ⅱ)-明治人口統計史の一齣-
浅井 幸男 地方政治と情報公開(下)-岐阜市における条例制定運動を中心に-
中道 寿一 岐阜県における満州農業移民について
佐野 健治 動機論序説(1)〔第五回〕
鈴木 忠士 カミュ『異邦人』における「無関心」
勝野 尚行 教科書問題-Ⅱの6-
書評 大谷 省三 村田富二郎『技術とは何だろうか』-技術論の再出発をめざして-

第2号(1984年(昭和59年)7月)

論文 谷江 幸雄 戦後期におけるハンガリー社会主義農業の構造分析
藪内 武司 国勢調査前史(Ⅲ)-明治人口統計史の一齣-
榊 達雄 学校運営と教育の住民自治-学校教育への父母・住民参加(2)-
勝野 尚行 教科書問題-Ⅱの7-
安部 大成 差別の砦を落す-チャールズW.チェスナットの『大佐の夢』-
武井 勇四郎 時間作品、時間価値、時間享受(Ⅴ)
鈴木 忠士 カミュ『異邦人』における「無関心」
研究ノート 山田 健治 ディクジット=ノーマン著『国際貿易論』の紹介(1)

第3・4号(1984年(昭和59年)10月)

論文 中道 寿一 岐阜県における満州農業移民について-朝日村の場合(下)-
勝野 尚行 教科書問題-Ⅱの8-
武井 勇四郎 時間作品、時間価値、時間享受(Ⅵ)
鈴木 忠士 カミュ『異邦人』における「無関心」
研究ノート 鷲見 等曜 平安時代末期貴族の「家」
西沢 孝 ロマン・インガルデンの『文芸作品論』について(Ⅲ)
書評 井上 周八 飯田繁著『価値・価格・物価の研究課題』

第19巻

第1号(1985年(昭和60年)1月)【飯田繁教授 退任記念論文集】

■飯田繁先生をお送りする言葉
■飯田繁教授 略歴・研究業績:建林正喜

論文 但馬 末雄 商業資本論の論争点について(1)
柿本 国弘 地方財政の危機と過密・過疎(序)
小澤 治郎 プルマン・ストライキ(1)-1894年のアメリカ鉄道ストライキ-
勝野 尚行 教育自治の理論-Ⅰの1-
Atsuo Nakagawa THE ORIGINS OF HAIKU: SHORT PRIMITIVE SONGS
武井 勇四郎 時間作品、時間価値、時間享受(Ⅶ)
鈴木 忠士 カミュ『異邦人』における「無関心」
翻訳 中道 寿一 O.キルヒハイマー,N.レイテス:『合法性と正当性』(カール・シュミット著)に関する覚え書き(上)

第2号(1985年(昭和60年)4月)

論文 浅井 幸男 ハンガリー社会主義憲法史序説(下のロ)-1956年革命と1972年憲法改正-
太田 幸四郎 少年保護事件における誤判と少年の救済
勝野 尚行 教育自治の理論-Ⅱの2-
鈴木 忠士 カミュ『異邦人』における「無関心」
Atsuo Nakagawa ON ENGLISH TANKA(Sequel 3)
資料 山本 隆司 スイス消費者信用法立法提案仮訳(その1)
学会動向・紹介 山田 健治 酸性雨の経済的なインパクト
書評 Atsuo Nakagawa HAIKU REVIEW '84 and CICADA VOICES:Selected Haiku of Eric Amann 1966-79

第3号(1985年(昭和60年)8月)

論文 大迫 輝通 熱帯蚕糸業地域の研究(2)-インドの蚕糸業と蚕糸業地域-
勝野 尚行 教育自治の理論-Ⅰの3-
武井 勇四郎 時間作品、時間価値、時間享受(Ⅷ)
山田 冨貴 『土埃にまみれた旗』:フォークナーと1920年代
Atsuo Nakagawa ON NGLISH TANKA(Sequel 4)
鈴木 忠士 カミュ『異邦人』における「無関心」
研究ノート 山田 健治 北海石油開発をめぐる新動向
調査報告 谷江 幸雄 ドイツ民主共和国(DDR)農業の歴史と現状-W.マイスナー博士との会見要旨-

第4号(1985年(昭和60年)10月)

論文 柿本 国弘 レーガン税制改革構想と経済「活性化」
谷江 幸雄 ドイツ民主共和国(DDR)農業における固定生産フォンドの再生産と物質的・技術的基盤の強化-農業の総合的機械化を中心に-
小澤 治郎 プルマン・ストライキ(2)-1894年のアメリカ鉄道ストライキ-
勝野 尚行 教育自治の理論-Ⅰの4-
鈴木 忠士 母と言葉-アルベール・カミュの初期作品世界-

第20巻

第1号(1986年(昭和61年)1月)

論文 勝野 尚行 教育自治の理論-Iの5-
研究ノート 山田 健治 酸性雨をめぐる国際交渉-アメリカとカナダのケース-
堤 達朗 ドラッカーの業績とその歴史的貢献(その1)-ファシズムとの対決・克服-
鷲見 等曜 村上源氏の居住形態
資料 山本 隆司 スイス消費者信用法立法提案仮訳(その2)

第2号(1986年(昭和61年)9月)【花井益一教授 退任記念論文集】

■花井益一先生を送る辞
■花井益一教授 略歴・研究業績:建林正喜

論文 宮本 義男 生産資本循環における「恐慌の考察にさいして重要な点」に関する一考察
但馬 末雄 商業資本論のためのキイワード
勝野 尚行 管理主義教育の再検討-Ⅰの1-
Atsuo Nakagawa ON ENGLISH TANKA(Sequel 5)-Supplementary Chapter-
鈴木 忠士
福地 和夫
母と言葉-アルベール・カミュの初期作品世界-
小野 勝敏 本学学生の体格と体力に関する研究
研究ノート 山田 健治 酸性雨の政策問題-アメリカとカナダのケース-
紹介 小澤 治郎 John R. Stilgoe: Metropolitan Corridor, Railroads and the American Scene. 1983
調査報告 南 清彦
柿本 国弘
岡田 知弘
岐阜県中濃地域の産業高度化と地域経済-関・美濃加茂・可児地域実態調査報告-

第3号(1986年(昭和61年)12月)

論文 山本 隆司 消費者信用に関するドイツでの立法論の動向(1)
勝野 尚行 管理主義教育の再検討-Ⅰの2-
梅山 秀幸 かぐや姫の光と影
研究ノート 山田 健治 環境政策とアメリカ議会の動向-酸性雨と需給近接性の逆転-
堤 達朗 ドラッカーの業績とその歴史的貢献(その2)-『大転換』、『経営者革命』および『産業社会』(上)-
書評 三野 博司 鈴木忠士著『カミュ『異邦人』の世界』

第4号(1987年(昭和62年)3月)

論文 谷江 幸雄 ドイツ民主共和国(DDR)における農業の集約化と農産物価格政策(1)-80年代前半-
山本 隆司 消費者信用に関するドイツでの立法論の動向(2)
勝野 尚行 管理主義教育再検討-Ⅱの1-
梅山 秀幸 かぐや姫の光と影Ⅱ