クラブ・同好会

ボランティア・ラーニングセンター

あなたにできること小さな一歩が大きな一歩に

全国でも数少ない学生主体で運営しているのが本学のボランティア・ラーニングセンターです。日々の活動は、ボランティアのコーディネート活動や学生生活の悩みなどの相談も行っています。あなたに合ったボランティアを一緒に見つけましょう!

先輩からのメッセージ

ボランティアは、自分を成長させてくれます。ボラセンはボランティア関係のことだけではなく、ふらっと立ち寄れるアットホームな環境です。みなさんが学生生活を楽しく過ごせるような環境づくりをしていきたいと思っています。みなさんと一緒に活動できることを心より楽しみにしています。(代表:松本 萌)

プロフィール

ホームページ
顧問

後藤 康文(経済学部 教授)

代表

松本 萌

部員数

13名(男10名、女3名)

活動場所

ボランティア・ラーニングセンター(8号館1階)

活動日時

開講日 10:50~17:00
定例会(火) 12:30~12:50

年間行事

  • 通年 ボランティアコーディネート
  • 4~5月 新入生歓迎会、地域行事でのボランティア活動
  • 6~10月 各グループでの企画立案、環境活動、子どもの居場所づくり「はぐはぴっ!」、コートジボワールへの寄付、エコキャップ活動等の運営・実施
  • 2月 活動報告交流会、全国研究交流会
  • 3月 学生ボランティアフォーラム(東京)、追い出しコンパ

活動の様子

活動実績

環境グループ

学生向けにクリーンアップ活動を企画し運営を行っています。また、地域の方や企業との合同クリーンアップ活動も行っています。
 

広報グループ

学生にインターネットを活用し、ボランティア情報を届けるとともに、大垣市社会福祉協議会やNPO法人ぎふNPOセンターとの相互広報を行ったり、NPO法人ぎふNPOセンターのぎふハチドリ基金の募金活動も行っています。
 

Earth子どもクループ

子どもの居場所づくりを目標とし、3歳~6歳を対象とした企画「はぐはぴっ!」を土曜日や岐経祭で運営をしています。また、子ども向け企画に対応できるよう、バルーンアートや工作などの研究も行っています。
 

異文化国際グループ

NPO法人ぎふ・コートジボワールとの共同で、アフリカ大陸にあるコートジボワール共和国の子どもたちへ靴や文房具を送る活動をしています。また、エコキャップ活動で、発展途上国の子どもたちへワクチンを送る活動もしています。