岐阜コミュニティ診断士

岐阜県コミュニティ診断士

豊かな地域コミュニティの形成を図る専門的人材を養成します

「岐阜県コミュニティ診断士」とは?

今日の地域社会においては、都市化・高齢化の進展、生活様式の変化などにより、人間関係や相互扶助意識の希薄化、危機管理能力の低下などが懸念されています。
こうした状況を背景に、安全に安心して暮らせる地域コミュニティの形成をめざして、住民の側から地域の課題を発見し、解決していく取り組みを支援する専門的な人材を養成するため、「岐阜県コミュニティ診断士」の資格認定制度を創設しました。この資格は、岐阜県知事と本学学長が共同で認める民間専門資格で、他大学では取得できません。
岐阜県コミュニティ診断士は、地域コミュニティの現状について調査・分析を行い、それにより明らかとなった諸課題について、地域住民、自治・地縁組織、NPO、企業など地域の様々な主体と協働して、その解決・改善に取り組み、地域コミュニティの再生・活性化を推進するコミュニティの専門家です。

この資格を取得した方は岐阜県庁や本学にコミュニティづくりの専門家として人材登録し、民間企業や福祉施設、市町村の求めに対して積極的に紹介します。ボランティア活動やNPO活動に携わる場合にも、大いに役立つ資格ですので、取得をお勧めします。

コミュニティ診断士

「岐阜県コミュニティ診断士」を取得するには

「NPOコミュニティ論」を修了(一定回数以上の提出レポートにより評価)し、その後、下記の要領で実施する実習及び試験に合格すると、「岐阜県コミュニティ診断士」の資格を取得することができます。

「NPOコミュニティ論」とは

ここ岐阜県においても、地域の住民、地縁・自治組織、企業、行政に新たにNPOが加わり、コラボレーション(協働)しつつ、住民が暮らしたいコミュニティやまちを創り続け、その力が地域の若者を一層勇気づけ、地域産業を興し、都市と山村の連携を促し、さらには行政・自治体のあり方を変えていくことが期待されています。

本講座では地域社会での豊富な活動事例を紹介しつつ、最新のNPO論、コミュニティ論を学び、NPOとコミュニティの連携によるまちづくりの理論と方法、さらにコミュニティを診断し育む技法などの修得を目指します。

本科目を修了された方は、所定の実習講座(フィールドワーク)を修了後、資格認定試験に合格すると、岐阜県知事及び岐阜経済大学長が認定する「岐阜県コミュニティ診断士」の資格を取得することができます。

「岐阜県コミュニティ診断士」資格をお持ちの方へ

「岐阜県コミュニティ診断士」に依頼したい方へ