• ホーム
  • ニュース
  • 本学の外国人留学生が「多文化交流サロン」で自国文化の紹介を行いました。

ニュース

本学の外国人留学生が「多文化交流サロン」で自国文化の紹介を行いました。

UP DATE 2018.07.19
PUBLICATION DATE 2018.07.19

 7月7日(土)13時30分より、スイトピアセンターで「多文化交流サロン」が開催されました。これは大垣国際交流協会が年2回開催している行事で、各回3名ずつ講師を招き、大垣市民に外国文化への理解を深めてもらうことを目的としています。
本学からも毎回1名の外国人留学生が講師として招かれ、今回はパンティ サビタさん(大学院経営学研究科1年次。出身国:ネパール)が講師を務めました。(他には、トルコ、中国出身者からの紹介がありました。)

 冒頭、サビタさんの親戚(ギャワリ アニタさん)によるネパールダンスの実演後、講演はスタート、民族衣装に身を包んだサビタさんから、来場した市民に向けて、ネパールの地形、歴史、文化、建造物、料理などの紹介をとてもわかりやすく行いました。講演後には、ネパール料理の「チョウメン」(ネパール風やきそば)と「アチャール」(スパイシーポテトサラダ)が振舞われ、来場されたみなさんにとっては、異文化を目でも舌でも体験する機会となったようです。
ネパールダンスの実演(ギャワリ アニタさん)
  • ネパールダンスの実演(ギャワリ アニタさん)
講演開始。まずは、ネパールの挨拶「ナマステ」
  • 講演開始。まずは、ネパールの挨拶「ナマステ」
来場者に振舞われたネパール料理(左:アチャール、右:チョウメン)
  • 来場者に振舞われたネパール料理(左:アチャール、右:チョウメン)
ネパールの地形について紹介する(パンティ サビタさん)
  • ネパールの地形について紹介する(パンティ サビタさん)