• ホーム
  • ニュース
  • 「第10回ハナハスまつり」で留学生が「チェー・セン」を販売しました。

ニュース

「第10回ハナハスまつり」で留学生が「チェー・セン」を販売しました。

UP DATE 2018.07.10
PUBLICATION DATE 2018.07.10

ベトナムのローカルスイーツ「チェー・セン」
  • ベトナムのローカルスイーツ「チェー・セン」
「チェー・セン」を作成中のティンさん
  • 「チェー・セン」を作成中のティンさん
「第10回ハナハスまつり」が、大垣市米野町武道館東の「花ハス池」で開催されました。ベトナムの国花が「ハスの花」と言う縁があり、本学のベトナム人留学生にハスの実を使ったスイーツを販売して欲しいと依頼があり、「第10回ハナハスまつり」で「チェー・セン」を販売しました。
「チェー(Chè)」とは、ベトナムのローカルスイーツの代表格で、甘く煮た豆類や芋類、寒天や果物など複数の具材を合わせて食べる伝統的なデザートです。
今回は「セン(sen)=ハスの実」を使ったので「チェー・セン(Chè sen)」となります。
接客の様子
  • 接客の様子
大垣ケーブルテレビの取材を受けました。
  • 大垣ケーブルテレビの取材を受けました。
当日は、ベトナムからの留学生を中心に江西師範大学や上海財経大学からの交換留学生も参加してくれました。
レンコンを食べたことがある方は多いと思いますが、ハスの実を食べたことのある人は少なく、珍しい食べ物と言うこともあり、終了予定時間の約2時間前に完売しました。
早々に売り切れたため急遽、看板を作りました。
  • 早々に売り切れたため急遽、看板を作りました。
終了後、皆で記念撮影
  • 終了後、皆で記念撮影