ニュース

第1回「グローカル・カフェ」を開催しました。

UP DATE 2018.06.12
PUBLICATION DATE 2018.06.12

後輩たちにアドバイスするワ ジュセイさん(経営学部情報メディア学科3年 出身国:中国)
  • 後輩たちにアドバイスするワ ジュセイさん(経営学部情報メディア学科3年 出身国:中国)
アイスブレイクで自分の体験談を語るチョウ チケイさん(経営学部情報メディア学科1年 出身国:中国)
  • アイスブレイクで自分の体験談を語るチョウ チケイさん(経営学部情報メディア学科1年 出身国:中国)
 外国人留学生向けの交流行事として、「外国人留学生同士の交流会」や「外国人留学生と日本人学生との交流会」、「日本文化体験行事」、「企業見学ツアー」等を昨年度より開催し、本学学生同士がつながりを深める機会となっています。その一つとして、5月16日(水)3限終了後より、2018年度第1回「グローカル・カフェ」(通算3回目)を開催し、本学外国人留学生19名(ベトナム、中国、ネパールからの留学生)が参加しました。

 「グローカル・カフェ」は、学年も国籍も様々な外国人留学生同士が交流し、その関係の強化を目的として開催しています。「グローカル・カフェ」の趣旨説明後、参加学生たちは全員、輪になって着席し、アイスブレイク(自己紹介と最近起こったうれしい(悲しい)出来事を1人ずつ話していく)に臨みました。その後、先輩留学生から、日本語学習や授業のこと、友達づくりのこと、就職活動のことなど、現在取り組んでいることの報告があり、後輩からの質問に先輩がアドバイスする場面も多く見られました。

 また、外国人留学生同士とはいえ、この「グローカル・カフェ」で初めて会った人も意外にいたという話がたくさん聞かれました。自己紹介の情報を参加者全員が共有することにより、他の参加者はどんな人なのかを知ることができ、その後の懇談はなごやかな雰囲気で進みました。最後にビンゴ大会を行い、グローカル・カフェはさらに盛り上がりました。

 参加者からは、「自己紹介してと言われた時は、どうしようと思ったけど、他の人の話もたくさん聞けてよかったし、もっとみんなのことを知りたいと思いました。」「楽しかった。今回出席しなかった人にも、良い会なので出席しようと誘うつもりです。」「いつも一緒にいる友達なのに、自己紹介を聞いて初めて知ったこともありました。」「とても楽しかったし、いろいろな人と出会えてうれしかった。交流する時には、生まれた国も性別も年齢も関係ないことがよくわかりました。これから行われる行事は、どれも参加したいです。」「次の日本人学生との交流会でも友達を作りたいです。」などの声が聞かれました。

 次回は、7月11日(水)に、外国人留学生と日本人学生との交流会「グローカル交流会」を開催する予定です。
 

《グローカル・カフェとは?》

グローカルは、グローバル(global)とローカル(local)の造語です。「グローカル・カフェ」は、後輩留学生が、大学生活全体に関わること(グローバル)から、受講登録や授業のこと、交流活動のこと、アルバイトのことなど具体的なこと(ローカル)までを先輩留学生に聞ける場であってほしいと思います。
また、先輩留学生は、留学生全体のことを考えながら(グローバル)、後輩留学生のかかえる疑問に丁寧に答える場であってほしい(ローカル)と考えています。