ニュース

岐阜経済大学学会公開研究会が開催されました。

UP DATE 2018.01.25
PUBLICATION DATE 2018.01.25

 1月24日14時40分より、4101教室にて、岐阜経済大学学会公開研究会が開催されました。講師は、胆道がん治療の第一人者で、世界的権威として知られる二村雄次氏で、「『癌研魂』と『柔道魂』に生きる」と題し、お話いただきました。開始時刻には雪となる寒い日でしたが、一般市民、本学教職員、本学学生に加え、講師の幅広い活動から、医療関係者、柔道関係者なども含め、約130名の方が聴講されました。

 二村氏は、名古屋大学名誉教授、愛知県がんセンター名誉総長、日本外科学会名誉会長、名古屋大学柔道部師範、全日本柔道連盟医科学委員会特別委員、国際柔道連盟(IJF)医科学委員(Medical Commission)などの肩書からもわかるように、外科医としての道を究めつつ、柔道家としても精進を続けてこられた方です。本学経営学部教授 杉原健一先生が、名古屋大学柔道部の後輩に当たるご縁で、本学でご講演いただくことが叶いました。

 癌研究と柔道それぞれの恩師の教えを胸に努力を重ねられた結果、二村氏の手術を受けることを目的に世界中から名古屋に来る患者の命を救い、さらに、海外に出向いて手術されるまでになる素晴らしい実績へと繋がったのです。世界的に外科医療の発展に貢献した外科医として顕彰され、国際外科学会の外科歴史博物館(シカゴ)で殿堂入も果たされましたが、チームに支えられたからと語られるなど、深い感銘を与えられました。