• ホーム
  • 教育・研究活動
  • 「地域企業研究Ⅲ」の講師として河合石灰工業㈱の河合進一代表取締役社長にお越しいただきました。

教育・研究活動

「地域企業研究Ⅲ」の講師として河合石灰工業㈱の河合進一代表取締役社長にお越しいただきました。

UP DATE 2017.07.03
PUBLICATION DATE 2017.06.26

6月22日(木)、企業人育成課程の必須科目「地域企業研究Ⅲ」の授業で、前回の工場見学に引き続いて河合石灰工業㈱様にご協力いただき、河合進一代表取締役社長に「我が社の歩み・理念・ビジョン」と題してご講義いただきました。

河合社長は、前回の工場見学を受けて、改めて金生山を中心とした石灰石採掘の環境や、「誠実と奉仕」を社訓に掲げる会社や社員の行動方針、各事業所ごとの概要などについて説明されました。
そのうえで、石灰製造から派生した新たな事業を紹介し、その1つとして、平面スピーカーを実際に見せていただき、音を聴かせていただきました。
指向性の高いスピーカーの用途(サウンドマスキング対策、距離に関係なく聞き取りやすいスピーカーの開発など)の幅広さに、学生たちも驚いた様子でした。

 
講義の様子
  • 講義の様子
河合社長は「モノづくりは、ベースとなるようなものを作ろうとすると10年以上はかかる。
石灰という基盤事業の収益があるおかげで、新規開発に取り組める。
新商品の開発は、会社として継続していくための必要条件である」と、今後も積極的に新商品の開発を進めていこうとする、河合石灰工業の事業展開への取り組み姿勢が伺えるお話でした。
大変お忙しい中、お越しいただきありがとうございました。