教育・研究活動

学生授業評価賞の表彰式が行われました。

UP DATE 2017.05.10
PUBLICATION DATE 2017.05.10

2014年度に創設され、3回目となる「学生授業評価賞(旧:ベスト・ティーチャー賞)」の表彰式が、5月10日(水)に学長室にて執り行われました。
この賞は、学生たちを対象に毎年行っている「授業アンケート」の結果をもとに、学生満足度の高かった教員を顕彰するものです。

今回は、講義科目(受講人数50名以上・50名未満)、語学・体育実技・実習科目、演習の4部門の中から各1名・計4名を選定し、下記の先生方が表彰されました。
揖斐祐治 経済学部講師
  • 揖斐祐治 経済学部講師
○受講者50名以上の講義科目
「健康とスポーツ」 揖斐祐治 経済学部講師

○受講者50名未満の講義科目
「保育実践論」 西川正晃 非常勤講師

○語学、体育実技、実習科目
「体育実技A」 品田直宏 非常勤講師

○演習
「演習Ⅲ」 杉原健一 経営学部教授
 
品田直宏 非常勤講師
  • 品田直宏 非常勤講師
杉原健一 経営学部教授
  • 杉原健一 経営学部教授
今回受賞された先生方との懇談では、学生たちに興味を持たせるための工夫や、理解度を深めるための授業の方法など、学生たちがどうしたらより理解できるのか、常に試行錯誤しながら授業に取り組んでいることを伺い知ることができました。
なお、今回受賞された先生方の授業は、今後FDの一環として、公開授業が実施される予定です。