重要なお知らせ

岐阜経済大学は、2019年4月「岐阜協立大学」に大学名称を変更する予定です。

UP DATE 2018.04.20
PUBLICATION DATE 2018.04.20

 岐阜経済大学は、昭和42年、地元自治体、経済界、教育界の要望と支援のもとに設立され、現在に至るまでの50年間におよび社会科学系の学部学科の構成として歩んできました。
平成29年4月には、学校法人岐阜経済大学(旧法人)と学校法人大垣女子短期大学(旧法人)とが法人合併し、新たに「学校法人大垣総合学園」を設置しました。これは、今後の18歳人口減少を見据えた法人合併であり、大学と短大の教育資産を将来的に融合することを視野に入れたものです。そのことから、大垣女子短期大学の看護学科(3年制)を岐阜経済大学の看護学部看護学科(4年制)とする構想を持ち、現在、学部設置の認可申請をしています。
 本学における社会科学系の学びを超える保健衛生学系の学びへの挑戦は、「地域に有為の人材を養成する」という本学の教育目的をさらに追求するものです。そこで、変更後の大学名称には、大学の設立経緯を原点としながらも、ともに協力してつくりあげるということに加えて、地域においては「自治体、経済界、大学」の3つの力が、学内においては「学生、教員、職員」の3つの力が、ともに協力して地域および大学の未来をつくっていくという意味を「協立」という言葉に込めました。また、岐阜という地から3つの力を発信するという思いから「岐阜」「協立」という文字を繋ぎ、創立50周年を迎えての飛躍を名実にすべく、2019年4月、岐阜経済大学は「岐阜協立大学」に大学名称を変更します。
 今後、文部科学省へ手続書類を提出し、6月中旬~下旬には正式に決定する予定です。