学生生活

トラブル対策

消費トラブル

若者の消費に関する被害が多数報告されています。あなたは大丈夫ですか?
下記の事例に思い当たる人は、すぐに信頼できる人に相談しましょう。
学生相談室で相談することが解決の糸口になるかもしれません(学生相談室は講義期間中開室しており、秘密が守られます。)まだ、被害にあっていない人も、どこに落とし穴があるか分かりません。十分に注意して行動してください。

迷惑メールがきっかけの不当請求

事例

パソコンや携帯電話へ届いた「出会い系サイト」や「アダルト系サイト」の広告メールにうっかり接続したら、利用料金の請求が来てしまった。

多重債務

クレジットで楽しくショッピング、気軽にキャッシング。
でもこれは借金。
複数の金融機関やカード会社から多額の借金をして、返済が困難になった人を多重債務者と言います。

マルチ商法

個人を商品などの販売員として勧誘し、次の販売員を勧誘すれば収入になると、組織を連鎖的に拡大する商法。

オンラインショッピング・ネットオークション

インターネット上で契約の申し込み等を行うインターネット通信販売が普及し、自宅で手軽に買い物ができるようになりましたが・・・。

事例

ネットオークションで欲しかったパソコンを落札したので、代金を振り込んだが、なかなか商品が届かない。そのうち出品者と連絡が取れなくなってしまった。

アフィリエイト

自分のブログ等に商品広告を掲載し、そのブログ等を通じて注文が行われると販売店から成功報酬がもらえる仕組み。最近、月に数十万も儲かるといった宣伝をよく見かけますが・・・。

事例

自分のブログにアフィリエイトの報酬料の高い健康食品の広告を掲載し、「飲んだだけで5kgやせた」などと書き込んでいたところ、このブログを読んで購入した人から文句を言われた。

アポイントメントセールス、キャッチセールス

電話で「あなたが特別に選ばれました。○○を取りに来てください」などと言って販売目的を告げずに事務所などに誘い出し、商品やサービス等の購入契約をさせるアポイントメントセールス。
駅前や路上で呼び止めて営業所などに連れて行き、商品やサービス等を販売するキャッチセールス。

デート(恋人)商法

言葉巧みな話術で異性に好意を抱かせ、それにつけこんでアクセサリーなど高額な商品を販売する商法。

資格商法

自宅や職場に電話をかけてきて、資格取得のために講座の受講や教材の購入契約をさせる商法。

訪問販売

自宅や職場へ販売員が訪問してくる商法。

特定継続的役務提供

身体の美化、知識の向上等を目的として、継続的に役務(サービス)を提供する取引のことで、エステティックサロン、語学教室、学習塾、家庭教師派遣、パソコン教室、結婚相手紹介サービスがこれに当たります。

事例

エステの無料体験を軽い気持ちで行ってみた。体験後、「今ならキャンペーン中」と勧められ、1年コースを契約したが、思うように効果が現れない。前払いで1年分払ってしまったが、解約はできないといわれた。

【参考】

被害に遭わないための六ヶ条

  • 相手の身分と用件をはっきり確認する。
  • うますぎる話には乗らない。
  • なるべく早く毅然とした態度で断る。
  • サインは契約書の内容をよく確認してから。
  • 一人で悩まずに身近な人に相談する。
  • 契約しても支払いは後払いで。

被害に遭ってしまったら…

クーリングオフ制度を利用しましょう。
この制度は、訪問販売などで指定商品の契約や申込をしてしまった場合、契約書を受け取った日を含めて8日間以内なら、無条件で契約解除できるものです。

相談窓口

  • 国民生活センター 03-3446-0999
  • 岐阜県県民生活相談センター 058-277-1003
  • 愛知県中央県民生活プラザ 052-962-0999
  • 三重県消費生活センター 059-228-2212

クレジットカードについて

クレジットカードを使うと、その場で代金を支払わなくても簡単に品物が手に入るので、つい自分の支払能力を超えた買い物をしがちです。しかし、その代金はいずれ支払わなければならない「借金」であることに変わりはありません。
クレジットカードは、魔法のカードではありません。くれぐれも使い過ぎに注意しましょう。

各種団体からの勧誘について

一連の事件から,カルト団体に対する警戒が強まっています。
宗教法人になっていても,実際には会員費と称して多額な費用を払わせたり,悪徳商法を行ったりと,詐欺まがいのことを行っている場合も少なくありません。
勧誘の手口は様々ですが,主に駅前や街角で声をかけてきたり,アンケートに答えさせたりします。
こういった勧誘には毅然とした態度で対応し,はっきりと断るようにしましょう。

個人情報

  • 個人情報保護の観点から、学生など本学在籍者の個人情報(名前・住所・電話番号など)は公表しません。友人などの連絡先は、お互いに確認しておいてください。
  • 学外からの個人的な呼び出しには、緊急と認められる場合以外、応じられません。ご家族や友人の方にもそのように伝えておいてください。
  • 本学における、個人情報の取り扱いについては、下記のページでご説明しています。
  • 個人情報の取り扱いについて

お問い合わせ

担当部署学生課
TEL:0584-77-3518  FAX:0584-77-3519  gakusei@gifu-keizai.ac.jp