海外留学

上海財経大学

概要

上海財経大学上海財経大学は、1917年に、「南京高等師範学校商科」という名称で、中国近代教育における初めての財政・経済専門学校として創立されました。経済・経営・法学、人文などの幅広い分野で、一流のビジネスリーダーを養成する実績が評価されている総合大学です。大学院を併設し、博士の学位授与権をもっています。

学生数は約2万人。約1200名の教員を擁し、1997年5月に、中国国家教育部によって「21世紀全国百ヶ所の重点大学」と指定されています。政財界との強いパイプがあり、卒業生の多くは政府機関、財政界、金融界、大企業などの中枢で活躍しています。

本学からの交換留学生は上海の中心街にある中山キャンパスで主に中国語を学ぶことになります。

施設設備など

学校図書館の蔵書数は68万冊(海外図書が6万冊)、新聞・雑誌は2300種(同400種以上)。コンピューターセンター、LL教室、マルチメディア専門教室なども完成しました。

国際交流

80年代から世界銀行経済発展学院、IMFとの国際合作交流をしています。世界銀行図書館資料センターが置かれ、海外との学術資料に関する交流も頻繁に行なわれています。1987年から、一橋大学や大阪市立大学などの日本の教育機関と学術交流関係を結んでいるほか、アメリカ、イギリス、オランダ、オーストラリア、カナダ、フィリピン、香港の大学などとの間の交換留学制度も整備しています。1999年以降、留学生教育に大規模な投資を行ない、留学生専用宿舎、教室、運動場、食堂、クリニックなどの施設を建設しました。

資格

イギリスのACCA公認会計士、カナダのCGA公認会計士、アメリカのCHUBB保険会社の3種の資格を習得するための育成センターがあります。

学術刊行物

「上海財経大学学報」、「財経研究」、「外国経済と管理」、「財経高教研究」などを刊行しています。

交流協定

1999年7月7日、池永輝之学長(当時)らが中国の上海市にある上海財経大学(談敏学長)を訪れ、両大学の「教育学術交流に関する協定書」に調印しました。

同協定の締結に伴い、2000年度から1年間に亘る2名程度の学生の交換のほか、研究者の交換も行っています。上海財経大学から本学に客員教授を迎え、本学教員も上海財経大学で講義しています。そのほか、学術文献の交換、学生の短期留学生の派遣など、中身の濃い大学間交流が実現しています。

岐阜経済大学では、両大学の交流が大学間の教育学術交流に留まらず、岐阜県地域の市民レベル、経済活動レベルでの広範な交流の掛け橋になることを期待しています。

留学の費用

1年間に亘る2名程度の学生の交換を行い、相互に授業料や宿舎料が免除されます。

単位認定

教務課にお問い合わせください。

お問い合わせ

担当部署教務課
TEL:0584-77-3516  FAX:0584-77-3517  kyoumu@gifu-keizai.ac.jp