海外語学研修

フランス語研修

ブルゴーニュ大学(フランス)

2010年度研修報告

自分が成長できるチャンス

経営学部 情報メディア学科 長谷川 綾桂

フランス語研修の様子1 フランス語研修の様子2 フランス語研修の様子3

私が海外語学研修に参加しようと思ったきっかけは、まず1年次の時のフランス語の授業を受けたことと、元々フランスやヨーロッパの文化などに興味があったからでした。

ブルゴーニュ大学での授業は、自分のレベルに合ったクラスに分けられ、授業内容は、文法からフランスの文化、グループでも会話・リスニングなど様々でした。担当の先生は、すべてフランス人でフランス語しか話しません。授業には文法用語など普段は使わないようなフランス語も出てきて、授業についていけるか初めは心配でしたが、授業を受けている間にフランス語の発音にも聞き慣れて内容も少しずつ理解できるようになっていきました。

寮には同じプログラムを受ける生徒や、ブルゴーニュ大学に長期で留学している人など日本人もいましたし、アジアからアメリカ、ヨーロッパまで様々な国の人が滞在していました。そこで出会った方々と仲良くなっていろいろな話をしたり、他の国の料理を食べさせてもらったりとても楽しい交流ができました。

大学のあるブルゴーニュ地方のディジョンは、中世に建てられた教会や宮殿などがあり、街並みがとても美しいです。また、旧ブルゴーニュ侯爵が残した美術品を扱う美術館、考古学博物館など美術館には無料で入れたので、授業が終わると街へ出てディジョンの街を巡ることもありました。

フランスでの3週間はとても貴重な経験ができました。大学生活が1年過ぎた時で、何か新しいことに挑戦したいという気持ちが大きくなってきた時に、語学研修に行ったことでたくさん刺激をうけることができました。自分が成長するチャンスにもなったので、参加できてよかったです。

お問い合わせ

担当部署教務課
TEL:0584-77-3516  FAX:0584-77-3517  kyoumu@gifu-keizai.ac.jp