ゼミナールガイド

ファンタジーの世界 山田善久教授

世界の童話から、ディズニーアニメを考察する

「ファンタジーの世界」というのが私のゼミのテーマです。ファンタジー文学とは何かということから始まり、主にヨーロッパ系のいろんな作品を読んだり鑑賞したりしています。その際のポイントは、類話との関係です。例えばディズニーのアニメだと、その多くがグリムやアンデルセンの童話からインスパイアされていますが、こうした原作との比較が課題の一つになります。

多彩なイベントを通して、仲間とのつながりを深めるゼミ!

映像などもいろいろ使いますので、いわばビジュアル系という点が魅力でしょうか。またゼミ旅行も楽しみの一つですね。昨年は東京ディズニーランドに2泊3日してきました。企画はゼミ生が立てます。大学から補助も出るので、参加率は結構高いです。今年はUSJを考えているようです。

夢中になれることを、見つけることからはじめよう!

大学の勉強は「おつとめ」のようなことばかりではなく、自分で楽しいと思うことを極める場でもあります。もちろん学問ですから、安易なことばかりではなく、地道な努力も必要ですが、自分の好きなことなら頑張れるものです。皆さんも、是非、それへの一歩を踏み出してください。