経営学部スポーツ経営学科

スポーツ経営学科

スポーツとスポーツビジネスをマネジメントする手法を学ぶ

経営学とスポーツ科学を複合的に学び、スポーツ・教育・健康に関連した産業の発展に貢献できる人材やスポーツ事業をマネジメントできる人材を育成しつつ、心身のトレーニングやコーチングの理論を修得し、選手の能力向上や競技の振興、スポーツ指導者を育成します。

 

スポーツ経営学科の特色

中学・高校の1種免許状「保健体育」を取得

体育学部以外では数少ない中学・高校の「保健体育」の教員免許状が取得できるカリキュラムを導入しています。また、高等「商業」の教員免許状も取得できます。

スポーツ心理、コーチング理論の学びから迫る

スポーツを通じて人間の行動や精神活動を考え、アスリートの心理を理解します。またアスリートをマネジメントする学びを追求し、多様なスポーツシーンで活躍できる人材を育てます。

最新のスポーツ施設と設備を完備

全天候型の陸上競技場やFIFA推奨の人工芝サッカー場、屋内練習場が付属する野球場、総合体育館と新設の第2体育館など、最新施設・設備を完備しているので、アスリートに不可欠な高い実践力と即戦力を養えます。(全施設夜間照明設備)

スポーツイベントをマネジメント

スポーツマネジメントの知識をもとに、地域のスポーツイベントを企画・運営・広報できる人材を育成します。

コース紹介

スポーツビジネスコース

国際社会と日本コース経営能力を身につける
スポーツに関する科目はもちろん、ビジネスに必要な経営学、マーケティング論等を複合的に、かつ実践的に学び、スポーツのビジネス化・産業化に寄与する人材を育てます。

スポーツ教育コース

国際社会と日本コースコーチング能力を身につける
身体機能やスポーツ技術面でのコーチング理論を修得し、体育・スポーツ指導において、発達段階に応じた適切な対処と技術力向上のための様々な知識を身につけます。さらに、安全管理についても教育・指導ができるスポーツ科学に精通した人材を育てます。

体育授業インターンシップ制度・課外体育インターンシップ制度

企業人材育成コース 実践で指導力アップ!
体育授業インターンシップ制度とは、保健体育教師を目指す学生が小・中学校の教育現場に出向き、体育の授業の補助活動を行う制度です。それにより、子どもを見る目を養い授業づくりへの理解を深めつつ、高度な職業観、責任感、問題意識をもった教員の養成を目的としています。また、課外体育インターンシップ制度は課外体育(運動部活動など)の指導補助活動を行う制度です。自分の持っている技術を広く還元するトップアスリートとしての自覚を深めるきっかけとなります。

スポーツ経営学科で取得可能な資格・免許