経営学部 情報メディア学科

情報メディア学科

現代のビジネスに必要な「マネジメント・メディア・情報」を学ぶ

近年、動画共有サイトをはじめソーシャルメディアの拡大やスマートフォンの普及、書籍の電子化が加速するようになりました。このようなメディアの変化を踏まえ本学科では、経営学(マネジメント理論)をベースに情報通信技術とメディアをビジネスに活かす方法を学びます。

 

情報メディア学科の特色

グローバル化時代のビジネスの学び

現代のビジネスを理解するのに不可欠な経営学・会計学・情報科学を学び、グローバル化時代の経営戦略、経営管理、商品開発、財務等の実践的な知識を身につけます。

新しいメディアを活用したマーケティングの学び

新しいメディアが新たなコミュニケーション分野を開拓している時代、それに対応できる商品開発のための市場調査、広告宣伝、販売促進などのビジネスマーケティングの手法を学びます。

取材と表現・コンテンツ制作の学び

各種デジタル機器を用いた取材と表現の方法を学ぶことができます。映像関係の授業はすべてハイビジョンで行われ、HTML5に対応した授業を展開しています。

情報社会を支える情報通信技術に関する知識の学び

現代社会の進歩の基盤である情報通信技術(ICT)の知識、Iotやロボットを対象にしたプログラミング、スマートフォンアプリの開発を学びます。また、ソフトピア共同研究室では、ソフトピアジャパンで地元企業との共同開発を実践しています。

コース紹介

経営会計コース

国際社会と日本コース 経営・会計・情報管理の能力を育成
経営学や会計学の基礎を学ぶだけでなく、事業計画論や税務会計を学んで実践力を高め、国際経営論や国際会計を学んでグローバルに対応できる知識も身につけます。さらに、職業会計人育成プログラムでは、簿記や税理士の資格取得に結びつく知識を身につけます。マーケティング人材育成プログラムでは、商品販売の資格取得や小売業での活躍に必要な知識を身につけます。

メディアマーケティングコース

国際社会と日本コース スマートフォン時代の新しいメディアの活用能力を育成
動画投稿サイトやSNSなどソーシャルメディアを用いたマーケティングを学び、画像・映像・音楽表現による広告用デジタルコンテンツを制作し、メディアマーケティング人材となるのに必要な知識を身につけます。

ICT・アプリ開発コース

国際社会と日本コース 情報通信技術(ICT)とアプリの開発力や活用力を育成
情報通信技術に関する知識を学び、AI、スマートフォン用アプリ、Iot、ロボットの活用を想定したプログラミング学習を通じてソフトウェアの開発や情報システム設計に必要な知識と技法を学び、情報通信技術の開発や活用を専門とする業界で情報技術者として活躍するのに必要な能力を身につけます。

情報メディア学科で取得可能な資格・免許

  • ITパスポート
  • 簿記・販売士 など