経営学部

経営学部

経営学部長 高橋信一

経営学部長
高橋 信一

 経営学部で何を学ぶかと言いますと、あなたは「経営」に必要な知識を学びます。経営は企業だけでなく様々な組織に当てはまるものであり、学校、自治体、NPO、スポーツチームなど、あらゆる組織で必要とされる知識・学問、それが経営学です。
  本学経営学部は、情報やメディアをビジネスに活かす方法を学ぶ「情報メディア学科」と、経営学とスポーツ科学を複合的に学ぶ「スポーツ経営学科」を有しており、「経営学」を多角的に学ぶことができます。卒業生は、学校、自治体、NPO、スポーツチームなど幅広い業種・業界で活躍しています。
  企業において経営を考えていくときに必要なものに「経営理念」があります。この経営理念は経営に関する考え方の基本を表明したものであり、その内容如何によっては、その組織の将来を脅かしかねません。成功した企業のほとんどはすばらしい経営理念を掲げていると言われています。
  経営理念の要素に「ミッション(Mission)」と「ビジョン(Vision)」があります。ミッションとは果たすべき使命や任務などを指します。この任務や使命には、大きく分けて三つの要素が含まれます。第1に到達すべき目標があること、第2に目標に向かって進んでいく行動があること、そして第3にそれが何かに(例えば、社会や時代に)要請されていることです。ビジョンとは将来のある時点でどのような発展を遂げるのか、成長するのかなどの構想や未来像を指します。
 さて、このミッションとビジョンは企業の経営に関してだけでなく、あなたの人生にとっても重要な要素です。経営学部に入学して企業における経営理念の考え方を事例として学びながら、同時に自分の人生のミッションとビジョンもじっくりと考えてみてください。

教員紹介(経営学部)

教員紹介はこちら