大学院

社会人の受け入れと諸制度

社会人が大学院生として学ぶ

大学院修了

大学院正規生として学ぶ場合、社会人は2年と長期履修(3年・4年)コースのいずれかを選択することにより、自分で履修年限を決めることができます。

社会人入学

一定の社会人要件を満たす方は、経済的負担の少ない減免学費で大学院修士課程に入学できます。大学院修士課程は、教育訓練給付制度の指定講座です。

長期履修(3年・4年)コース

仕事や家庭の事情により、標準修業年限(2年)で修了することが困難な場合、計画的に3年または4年をかけて修了することができます。(出願時に選択が必要です)

科目を選んで学ぶ(科目等履修生)

大学院に入学しなくても、科目等履修生として大学院の授業を受けることができます。さらに、科目等履修生として、教育訓練給付制度の指定を受けた講座を受講すると、受講料の一部が受講生に給付されます(条件に合わない方は、給付されませんのでご注意ください)。

科目等履修生

大学院科目等履修生制度により、本学大学院生以外の方にも授業科目の履修を認め、一定以上の成績を修めた場合に正規の単位を授与します。修得した単位は、10単位を超えない範囲で、大学院入学後の履修単位として認められます。 

平日夜間と土曜日を利用した開講形態

平日夜間と土曜日の開講科目を充実させることで、社会人の方も仕事と研究の両立が可能なカリキュラムを実現しました。セメスター制(年2学期制)により、半期または集中の形態で1科目が完結しますから、計画的に効率のよい履修ができます。授業時間は次のとおりです。

時限 授業時間 平日 土曜
1 9:10 ~10:40  
2 10:50 ~12:20  
3 13:00 ~14:30
 
4 14:40 ~16:10
 
5 16:20 ~17:50  
6 18:00 ~19:30  
7 19:40 ~21:10  

※夏期集中、冬期集中講義は平日1~4限にも開講します。

教育訓練給付制度

本大学院は、厚生労働省より教育訓練給付の指定講座として認定されています。支給要件を満たす方は、修士学位取得後、所定の手続きをすることで一定の給付金支給を受けることができます。社会人の方のキャリアアップを応援する制度として活用してください。

長期履修学生制度

職業を有するなどの理由により、標準履修期間(2年)では修了が困難な社会人の方のために、教育課程を予め3年間または4年間に設定できる、長期履修学生制度があります。授業料等学費については、3年コース・4年コースいずれを選択しても、標準履修期間の学費総額とほぼ同額になります。

協定先大学院(単位互換)

次の四大学院と単位互換協定を締結し、類似分野や異分野の科目履修により研究の視野がひろがることを目的としています。なお、他大学院で取得した単位は、10単位以内で本学大学院の単位として認定します。

協定先大学院名 履修可能単位数
岐阜大学大学院地域科学研究科 4単位
岐阜聖徳学園大学大学院国際文化研究科・経済情報研究科 10単位
東海学院大学大学院人間関係研究科 10単位
朝日大学大学院経営学研究科 10単位