留学生別科

留学生別科

岐阜経済大学では、学部入学前の日本語教育、学部教育での留学生の積極的な受け入れ、ならびに海外諸大学との国際交流の一層の推進という観点から留学生別科を設置しています。別科では、留学生の日本語習熟度に応じたきめ細かい履修指導を行い、日本語能力の向上と日本理解を一層深めることを目指しています。

留学生別科長の挨拶

安田晶彦准教授

留学生別科長
准教授 安田 晶彦

 岐阜経済大学は、1967(昭和42)年、「自主と自由」「全人教育」「地域との共生」を教育理念に掲げ、公設民営大学として創立されました。グローバル化に合わせて海外からの学生の受け入れを開始したのは1994(平成6)年で、留学生別科は2001(平成13)年に開設されました。
 それ以来、留学生別科は、中国、韓国、モンゴル、ネパール、ベトナム、タイ、カナダ、アメリカなど世界各国からの留学生を受け入れてきました。

本学の留学生別科の特色を簡単に言うと次のような点があげられます。

  1. 少人数教育が徹底されており、きめこまかい教育を受けることができます。
  2. 学識豊かなティーチングスタッフが丁寧に教えています。
  3. カリキュラムが充実しており、日本語能力の習得が無理なくできます。
  4. 学費が安く抑えられています。

留学生別科の様子1 このように、留学生別科は、すぐれた教育体制と講師陣を有しており、地方の大学にあっては類を見ない充実した教育を実現しています。そして、毎年、別科の卒業生のほとんどが本学の学部生へと進み、学士号を取得して社会で活躍しています。留学生別科で学んだ学生が世界に散らばり、世界中の国々に友好の輪を広げることは喜ばしいことです。
日本の大学で学びたいとお考えの皆さんには、ぜひ岐阜経済大学の留学生別科で学び、ご自分の未来を切り拓いて頂きたいと思います。スタッフ一同、皆さんとお会いし、日本語で楽しくお話しできるようになるのを楽しみにしております

学ぶ内容

留学生別科の様子

日本語教育

  • 日本語教育を徹底して行うことを基本とします。
  • 別科修了条件のうち大半の講義が日本語修得に向けられます。
  • 前期は、入学時における日本語能力テストによって、初級クラスか中級クラスに分かれて履修します。後期は習熟度によって、中級クラスか上級クラスに分かれて履修します。

日本理解(異文化理解)

  • 日本で生活する上での基本的知識に加え、日本社会のしくみや日本文化に関する基礎的知識を身につけます。

修業年限と修了要件

修業年限は1年で、入学時期は毎年4月とし、授業は4月に始まり、翌年3月に終わります。
1年以上在学して、別科が定める授業科目のうち合計31単位を取得した者に対して「修了」を認定し、修了証書を授与します。

進学対策

  • 日本留学試験や本学を始めとする日本の大学への進学に向けて、模擬試験を繰り返し行なうなどの実践的訓練を徹底的に行います。
  • 本学学部への進学について成績が優秀な者に対しては、推薦入学制度があります。また外国人留学生のための特別入試も実施しています。

学費

入学生の学費は次のとおりです。

入学料(入学時のみ) 50,000円
授業料 500,000円
学研災保険料 1,340円
合計 551,340円

住居の紹介

寮タイプ(個別部屋代10,000円程度~)のほか、ワンルームタイプ(部屋代20,000円程度~)については、民間の不動産会社の紹介もします。また、入居契約の際に本学が連帯保証人として機関保証を行う制度もあります。

入試要項