大学概要

3つのポリシー(大学院)

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

 最新の学問成果を学び理論的・実証的な研究を通じて、情報通信技術(ICT)とグローバル化の進展に伴う社会環境の変化に広く対応できる、高度な専門知識や能力を身につけた創造的な人材の養成を目的とします。このため、学士号を持つか、あるいはそれに相当する学力を有することを前提に、次のような領域の研究に関連した問題意識を持ち、かつ深く研究を行う熱意を持っている者を受け入れます。

  1. 企業経営やICTに関連したビジネスの研究に強い関心と問題意識を持つ者。
  2. 都市や地域社会の再生に関連した研究に強い関心と問題意識を持つ者。
  3. 高度な専門性と高潔な倫理観を持った職業会計人になるための研究に強い関心と問題意識を持つ者。
  4. スポーツ経営、スポーツ産業に関する学術研究や専門的知識及び専門的技能の修得に高い関心と熱意を持つ者。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

 それぞれの研究領域における研究上の成果を通じて、次のような人材を育成するために、「企業経営・情報ビジネスコース」、「都市・地域政策コース」、「会計・税務コース」、「スポーツ経営コース」の4つのコースが用意されます。

  1. 激動する時代に対応できる企業経営能力やICT運用能力を養成するとともに、今後の企業社会の在り方を創造できるような人材を育成するために「企業経営・情報ビジネスコース」が用意されます。
  2. 急激に変化しつつある都市と地域社会において人間都市および地域コミュニティとしての再生を総合的・多角的に担える人材を育成するために、「都市・地域政策コース」が用意されます。
  3. 企業会計分野において高度な専門性と高潔な倫理観を持った人材を育成するために、「会計・税務コース」が用意されます。
  4. スポーツ経営学や、スポーツ政策、レジャー産業等の基礎研究分野に関する知識基盤を構築し、その基礎的素養の上に、スポーツマーケティング、スポーツプランニング等の応用研究分野に関する専門的素養を持った人材を育成するために、「スポーツ経営コース」が用意されます。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

1)企業経営・情報ビジネスコース

グローバル化や情報化によるビジネス環境の激動に対応できる創業・経営革新能力、およびICT開発・運用能力を身に付けると共に、これからの企業社会の在り方を深く研究し、学位論文の審査に合格した者に修士(経営学)の学位を授与します。

2)都市・地域政策コース

経済の激変や規制緩和の中で、地域経済、都市計画、中心市街地、地域福祉、環境再生などの諸政策や変容の内容を明らかにし、コミュニティの単位から人間都市再生の在り方を研究し、学位論文の審査に合格した者に修士(経営学)の学位を授与します。

3)会計・税務コース

会計情報の国際的標準化など、会計環境の変化に対応できる高度な専門的研究を行うとともに高潔な倫理観を身につけ、学位論文の審査に合格した者に修士(経営学)の学位を授与します。

4)スポーツ経営コース

スポーツマネジメント領域における専門性の高い理論、マネジメント技法および実践方法を修得し、スポーツビジネスにおける高い実践能力を有するスポーツマネージャー及び経営者となるにふさわしい能力を修得した者に修士(経営学)の学位を授与します。